韮崎中田公民館掃除に学ぶ会。

今日(19日)は、朝から快晴になりました、朝はかなり冷え込みましたが。
午後からは、平年並みに温度も上がり、絶好の掃除日和と成った。
午後一時、会場の中田公民館に行ってみると、八ヶ岳が目の前に広がり
すばらしい風景が迎えてくれました。なんか良いことありそう!。

画像


14:00 開校式、古屋主事様の司会で、始まった、当初は公民館(地区)の
皆さんは、「どんなことをするのだろうと、余り乗り気ではない」、ほとんどの
方が、60年以上、人生の荒波にもまれ来た、大先輩達だよ~。

中嶋公民会長の挨拶、清水山梨掃除に学ぶ会代表世話人の話
「今日は、便器を徹底的磨こう、楽しくしよう」等、式次第が一通り終わり。早速、班分け、1班男子トイレは
男子全員、(水濾し班は男子 4名)、2班女子トイレは女性全員でする事になった。
(本日の参加人員、 地区のの方 22名、 掃除に学ぶ会 6名 計28名)

画像


まず全員で現状の汚れを確認。
外トイレ大便器、今時貴重な、「ぼっとん」トイレ(くみ取り式)さ~! わお~~。

画像


外トイレ小便器、水あかでかなり汚れてるよ~~。

画像


公会堂内トイレ小便器は、なかなか水濾しが取れない、やっとこさで取ったら。
強烈な臭いが~~。 これ20年代の汚れ、おみごとで~す。

画像


と言う事で、実習開始。
まず道具を揃えます。何事も「段取り八分」と言いますよね。
さ~皆さん、この道具を駆使して、トイレをピカピカにしよう。

画像


リーダーが、道具の使い方を説明しながら進めます。「サンドメッシュとナイロンたわしは、しっかりと水にしたして使用すると大きな効果を発揮するよ~。」

画像


カネヨンの使いすぎに注意、沢山使っても効果はありません、逆に泡立ちすぎて汚れ落ちの確認が出来ません
物を大事に使う事が大切。「もったいない」は古来より日本人のみが伝承しているDNAだ。ケニア人のワンガリー・マータイさんが世界環境保全の合い言葉として演説、世界共通語になったんだよ~。感謝。

画像


リーダーが小便器尿石の取りかたの説明、皆さん、「ほんとに綺麗になるの?」半信半疑・・・・

画像


水濾し、釣り鐘班は、太陽の光を浴びて屋外で挑戦。最初、おそるおそる~、だんだん熱がはいてきた~。

画像


真剣そのもの、なりきってるう。

画像


どうで~、だいぶ綺麗になったじゃん。

画像


だいぶ錆びているな~~。

画像


{なかなか落ちんじゃん」 しわいな~ と格闘

画像


で、1時間30分格闘の末。「どんなもんじゃい」と満足な顔顔で~す。「なせばなる・・・・」

画像


天気は良いと言え、「やはりつめてじゃんな~」。もし少し頑張れ~~。

画像


掃除も終わりあとかた付けです「バケツは、逆さまにしてまず、最初、外側を拭き、そして内側を拭きます」
これもちゃんと理由があります。これはクイズしま~す。

画像


1回ずつ体験しましょう。

画像


さあ~、ピカピカ成った、水濾しを元に戻します。「水濾しを割らないよう手を添えて静かに置きましょう。」

画像


さびを取り、塗装(錆び止め)もした、釣り鐘も忘れず元に戻しましょう。

画像


さーおわったけ~。全員で成果を「みるじゃんけ。」とトイレの神様ならぬ、「トイレのおばさま」たち?・・

画像


では成果は。 
外トイレ、大便器、(清掃後、取り置き式の洋便座を設置)

画像


外トイレ小便器、水垢が綺麗に取れていました。

画像


内トイレ小便器(2箇所)、どうですか、あの真っ黒な尿石がない。悪臭も完璧なくなっている~~。

画像


内トイレ大便器(3箇所)もピカピカです。「トイレのおばさま」言う・・「Yes!We Can」、ベリーハッピー・・だと!

画像


閉校式。

画像


古屋主事さんの名司会で、全員が体験発表。

画像


皆さん、最高の笑顔になっていた。

画像

画像


体験発表を抜粋。

*トイレの神様にお礼い
*あんなに、細かいとこまで徹底してやるとは思はなっかた。感動!
 (綿棒で換気扇のアミまで綺麗した)
*お嫁にきた時、「玄関とトイレは我が家の顔と言われいた。」今やっとその意味がわかった。
*褒められると、ついつい調子に乗りさごまでやり通した。大人でも褒められると嬉しい。
*綺麗になると、どんどん楽しくなった。
*やる気になれば、出来ないと思っていた事も、出来る様になる事に気づいた。
*辛抱強くしていれば、あるとき突然に汚れが落ちだした。何事も辛抱が大事。
*自衛隊に入隊した時、教官が素手で我々新入生の為に、トイレをピカピカに磨いてくれた
  当時、隊員がトイレ掃除にはまった事を思い出した。又くせに成りそう?・・。

最後に小川審議委員長の挨拶で、無事終了した。

画像



山梨掃除に学ぶ会世話人も、熟年との方々とご一緒に心を磨きをするのは初めで有り、怪我等の事故が
有ってはと、心配していたが、いやはや皆さんお元気、口も達者、感受性も未だ若い者に負けていない。
本当にトイレと向き合って、楽しく心磨きが出来ました。
我々にとっても大変幸せな半日でした。感謝・・・











この記事へのコメント

白根の斉藤
2012年02月21日 06:21
ご苦労様でした。嫁さんがこの地区出身です。公民館のちょっと南だと思います。汲み取り式は又、大変なんでしょうね。
よっちゃん
2012年02月22日 15:29
いつもありがとうございます。
はじめは大丈夫かな?と心配していましたが
人生の先輩方 感想と閉会式の皆さんの顔を
見ただけできっとひろがっていくと確信しあした。

この記事へのトラックバック